キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 借りたお金は事業資金などに利用可能? : 得する不動産担保ローンのオススメ情報

借りたお金は事業資金などに利用可能?

不動産を担保にしたローンでの用途に限定はあるのでしょうか?また、注意事項は何ですか?

不動産を担保にしたローンを、事業資金や運転資金として利用可能?

事業資金や運転資金など、使途に関係なく活用できるのが不動産を担保にしたローンの良いところです。

ただし注意点もあります。

お話ししておきましょう。

■不動産が担保であれば使途は無関係。

不動産を担保にしたローンは、使い道や何かの限定がついたりはしません。

個人事業者であれば運転資金や設備更新のための資金に使うことも可能です。

交際費に使用することもできます。

ただし不動産を担保にしたローンは融資額が多額になるので、不要な額まで融資されてしまうことが心配です。

たとえば不動産の評価が2,000万円であればその80%の1,600万円前後は融資されます。

カードローンと同様にコンビニのATMで出し入れできるので、その気軽さがマイナスになる例が多くあります。

■遊興費などに無駄遣いしないことが第一。

不動産を担保にしたローンの注意事項は、手元に残った余剰資金を遊興費などに無駄遣いしてしまわないことです。

100万円でも200万円でも金利のついたお金ですから大事に扱うべきです。

多くの失敗事例として報告されているのは、ローンで融資された余剰金を飲み食いに使ってしまって、数百万の金が短日月になくなってしまった。

それが原因で返済に窮して担保物件である不動産を没収されてしまったというものです。

■不動産を担保にしたローンでも、事業資金や運転資金に活用できますが、お金の使い方については自ら厳しくガイドラインを設けましょう。

「不動産を担保にしたローンだから、自由に使っていい」などと気を緩めていたら、遊興費などで融資金は一辺になくなってしまいます。

運転資金なら何に使うのか、無駄をなくした経費としての使い方を決めておきましょう。

大事な資産である不動産は、差し出せばそれで済むというものではないはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright by www.2rounds.com.