キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産を担保にしたら返済計画は必要ない? : 得する不動産担保ローンのオススメ情報

不動産を担保にしたら返済計画は必要ない?

不動産を担保にしたローンなら返済計画は不要、その理由は?そして注意事項は?

不動産を担保にしたローンなら返済計画は必要ない?

不動産を担保にしたローンは、担保物件に問題がなければ、ほぼその評価だけで融資を受けることができます。

必要書類の提出はありますが、返済計画などは不必要です。

ただし債務不履行を起こさないように注意しましょう。

■いざとなれば担保不動産を没収。

「不動産を担保にしたローンなら返済計画は必要ない」という理由は、不動産を担保にその評価額の範囲で融資するからです。

銀行などの融資機関としては、もしも返済不履行になった場合でも、担保物件を差し押さえて競売にかければ融資額は取り戻せます。

だから返済計画など、多くの必要書類を省いても大丈夫と踏んでいるわけです。

融資額が担保の評価額を上回る場合は、返済計画書・事業計画書が求められます。

■手間は省けてもリスクは大きい。

不動産担保ローンは必要書類作成の手間が省けますが、不動産を担保にした場合は、利用者がリスクを背負うことになります。

万一の時は不動産を没収されること、多額の金利が付いた不要な融資金を受け取ることです。

「お金はたくさんあっても腐らない」と言いますが、腐らないどころか、使い方を間違えると一家破産の憂き目にもあいます。

十分な注意が必要です。

■不動産を担保にしたローンなら審査も楽で融資額も大きいですが、不要不急なお金まで借りて金利で苦しむ必要はありません。

金融機関は不動産を担保にしたローンによって、万一の際の貸付金取り立ての準備は終えたことになります。

不動産担保ローンはお互いにメリットもありますが、将来の返済による負担を考えれば、そこまでして借入れする必要はないお金ではないでしょうか。

よく考えた上で決断しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright by www.2rounds.com.